スポーツカーとモータースポーツの魅力

MENU

フェラーリの魅力

   

フェラーリは 1947年(サザエさん第1巻が刊行)に『アルファ・ロメオ』のレーシングドライバーだったエンツォ・フェラーリ氏により、レーシングチーム運営のための会社として創立されました。

創立当初は「スクーデリア・フェラーリ」として、アルファ・ロメオのレース運営会社として機能していましたが、同社のレース撤退により自社のレーシングカーを開発する事になりました。

当初はレースに参戦する費用の捻出のために、旧モデルとなったレーシングカーをロードカーとして富裕層に販売していましたが、250シリーズで初めて市販の為の量産車の製造を開始していきます。

しかし、この205シリーズは、熱くて、うるさくて、乗り心地が悪いなどと不評でした。

エンツォ・フェラーリ氏は レースの事を第一に考えて改良しましたが、それ以来、自社の量産車に"スポーツカー"という言葉を二度と使わなくなったばかりではなく、乗り心地や快適性を求める人を蔑むようになったといいます。

量産車といえその価格は高くて、工業製品としての品質は悪く、品質のばらつきが激しいなど量産車としての設計には問題も多くありました。

また、レーシングカーベースのために、限界速度域での運転が難しく、「跳ね馬」成らぬ「じゃじゃ馬」と呼ばれていた事もありました。

また、メンテナンス性も低く、交換部品等が高価で維持コストも高いために、購入するだけでなくそれを維持できるということで、逆に そのオーナーのステータスの高を証明する事になったと言われます。


1960年代(高度成長期)に経営が苦境に陥り、1963年(鈴鹿サーキットで初めての日本グランプリ開催)にフォードから買収を持ちかけられますが、交渉は決裂していまいます。

1969年(UCCが世界初の缶コーヒーを発売)にイタリア最大の自動車メーカーフィアット社の援助を受け、その傘下に入ることで この苦境を乗り切ることになりました。

この提携の結果、フィアットからは『ディーノ・クーペ/スパイダー』ランチアでは『ストラトス』が誕生し、その後、エンツォ・フェラーリ氏はレースに専念し、量産車をフィアットが支配するようになったことで、比較的安価な量産スポーツカーとして『308』シリーズが生まれ、フェラーリ史上最大のヒット作となりました。

これはやがて『328』『348』と発展し、現在の『F430』にも連なる「V8フェラーリ」の系譜となりました。


その後、かつてチーム監督としてレース部門を立て直したルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ氏が社長に就任し、品質の劇的な改善に成功、好調な業績を上げてきています。

ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ氏はその手腕を買われて、その傘下にマセラティを加えて復活させ、さらには苦境に陥った親会社フィアットを率いています。


フェラーリのモータースポーツ

フェラーリといえば、やはり"フォーミュラー1"でしょう。
上記しましたが、元々レース参戦の資金を捻出する為に市販の量産車を作り出したわけですから、他の自動車メーカーとはスタート時点から明らかに違いがありました。

そのフェラーリのF1チームが"スクーデリア・フェラーリ"で、内製エンジンを使用するワークスチームです。

1950年(朝鮮戦争勃発)からF1に参戦しており、当初の目標は「アルファ・ロメオ」でしたが 翌年の第5戦イギリスGPでそれまで出走レース全てで勝利していた「アルファ・ロメオ」を破り初優勝しました。

初のコンストラクターズ・タイトル獲得は1961年(高橋国光選手が WGP 西ドイツGP 250ccクラスで日本人初優勝)ですが、この年のイタリアGPでは ヴォルフガング・フォン・トリップス選手が死亡するという事故がおきました。

1964年(東京オリンピック開催)には ジョン・サーティース選手を擁し2度目の優勝しましたが、その後 長く厳しい低迷の時代が続きました。

それから 復活したのが 10年後の1974年(長嶋茂雄選手が現役引退)。
この年から新たに加入した ニキ・ラウダ選手を中心に、翌年1975年(ベトナム戦争終戦)からコンストラクターズ・タイトル3連覇。

1979年(インベーダーゲームが大流行)には南アフリカの英雄ジョディー・シェクター選手が、同僚ジル・ヴィルヌーヴ選手と激しくタイトルを争った結果 ドライバーズタイトルも獲得し、ダブルタイトルを達成しました。

フェラーリの最初の黄金期です。

しかし翌年はウイリアムズの台頭とマシン設計の失敗もあって不振に陥ってしまいます。
そして1982年(笑っていいとも放送開始)、ジル・ヴィルヌーヴ選手がベルギーGP予選で死亡する事故が起きました。
さらにチームメイトのディディエ・ピローニ選手も 同年のドイツGPのフリー走行中に両足を粉砕骨折する重傷を負いレースから離れる事になりますが、フェラーリはこの年7度目のタイトルを獲得しました。

1983年(ホンダがF1復帰)を 最後にコンストラクターズ・タイトルから遠ざかり、1980年代中盤 - 1990年代後半は、ミケーレ・アルボレートやアラン・プロスト等活躍を見せたこともありましたが、最終的には毎年ウイリアムズやマクラーレンの後塵を拝することとなりました。

1988年(東京ドーム完成)にはチーム創設者エンツォ・フェラーリ氏が惜しまれながら死去。

1996年(ドジャース 野茂英雄選手が日本人初のノーヒットノーラン達成)のミハエル・シューマッハ選手加入からチームは改革され、1999年(EUによるユーロが始動)には ついに16年ぶりにコンストラクターズタイトルを奪還。

その年からコンストラクターズタイトル6連覇、ミハエル・シューマッハ選手自身は翌年から5年連続となるワールドチャンピオン、つまり2000年(横綱若乃花 引退)からはドライバーズ・コンストラクターズ両タイトルにおいて5連覇という記録を達成しました。

2回目の黄金期です。

スクーデリア・フェラーリ『F1』の主な記録 

コンストラクターズタイトル:14
ドライバーズタイトル   :14
優 勝 回 数      :184
ポールポジション     :181
ファステストラップ    :184
出 走 回 数      :725


現行の主な車種

F430

全長×全幅×全高   : 4512×1923×1214mm
ホイールベース    : 2600mm
重量         : 1450kg
乗車定員       : 2名
エンジン       : V型8気筒DOHC
排気量        : 4308cc
最高出力       : 490PS/8500rpm
最大トルク      : 47.4kgm/5250rpm
最高速度       : 315km/h 以上


612

全長×全幅×全高   : 4902×1957×1344mm
ホイールベース    : 2950mm
重量         : 1840kg
乗車定員       : 4名
エンジン       : V型12気筒DOHC
排気量        : 5748cc
最高出力       : 540PS/7250rpm
最大トルク      : 60.0kgm/5250rpm


599(575の後継モデル)

全長×全幅×全高   : 4665×1962×1336mm
ホイールベース    : 2750mm
乗車定員       : 2名
エンジン       : V型12気筒DOHC
排気量        : 5999cc
最高出力       : 620PS/7600rpm
最大トルク      : 62.0kgm/5600rpm
最高速度       : 330km/h 以上

大阪で廃車や事故車を高額で買い取ってくれる専門店といえば車リサイクルセンター。2.5万円での買い取り保証付き。廃車大阪