スポーツカーとモータースポーツの魅力

MENU

【PR】車売るなら一括査定へ

車を売ることをお考えなら、ディーラーへの下取りではなく、車買取専門店への売却をおすすめします。

その際に、車査定をしてらもらい、売値を業者から出してもらうのですが、この時に必ずしていただきたいことが、車を売る際には複数社に必ず相見積もりを取ることです。

複数社からの査定結果の中で、1番高い査定額を出してくれた店舗へ売るのです。それが、一番賢い車の売り方です。

車を売るなら一括査定サイトへ

さらに、複数査定をしてもらうときにおススメなのが、車一括査定サイトへの登録です。

1分ほどのフォーム入力をするだけで、近くの買取店に一斉に査定の申し込みができます。

詳しくはこちらで車を高く売る秘訣を公開しています。 ⇒「車売るなら.jp」へ


査定をしたら絶対に売らなくてはだめ?

車を売ろうと思って自動車査定を受けた時の悩みどころとして、必ず売らなくては駄目なのだろうかと考えている人もいることでしょうが、これは当然持ち主の自由であり自動車査定を受けたからといって必ず売る必要はないのです。

そもそも、もし必ず売らなければならないというのであれば売り手側がこれほど不利な話はなく買取業者側からも何も高い金額を提示せずに、二束三文の金額を付けて引き取ってしまえばいいということになります。
そのため、自動車査定を受けたからといって絶対に売らなければならないということはなく、金額に不満があったりした場合には売る必要がないのです。
しかし、この時に問題なのが金額によって売るかどうか悩んでいた場合、その態度を曖昧にしていると高査定を引き出すことができないという問題があります。

買取業者側としても、商売で買取をしている以上売ってくれるのかくれないのかわからない相手には、本気で交渉をしてくるものではありません。
じっくり時間をかけた挙句に気まぐれで、売るのをやめたという客を相手にしていてもしかたのないことですから、そのような相手には買取業者側としても最低限の金額しか提示をしてこないのです。

それでは、絶対に売るという意思を見せるのがいいのかというとこれもまた別の話であり、あまりに手放す気が満々であれば黙っていても売ってくれるという気持ちが働くため、やはり高価買取には不利になってしまうことになります。

また、それこそ相手側も安く買取をしようとして安い金額で買取ができなさそうな状況になると、手間をかけてこの仕打ちかという態度を見せてきて、それこそ売らなければならないような雰囲気を作り出してきたりするということは、少なくありません。

金額が大きな取引だけに相手側も必死ですから、少しでも安く買取をできるとなるとあらゆる手を使って、安く買取をしようとしてくるものなのです。

そのため、このような手に引っかかって安く車を手放してしまわないように、車を手放す意思を十分に出しつつもそれはあくまでも金額次第であり、金額に折り合いがつかないようであればその業者に対しては車を売らないという態度で挑むことが重要です。

業者側としても上手くすれば買い取ることができるかもしれないという相手が、一番金額を出しやすい相手になるため、そのような態度をはっきり取ることによって、安く買取られることを防ぎ車を高く買取してもらうことができるのです。

車を売る時には是非、ご参考にしてください。